飛んで、流れて、川あそび(道草コース)

 梅雨が明け夏のはじまりです!今回は、季節ならではの川あそびへ出かけます。

 川までの道のりは、「あつい~!」「まだつかないの?」到着すると一変、「はやくはいろう!」「もうはいっていい?」とその時の気持ちが素直にこぼれます。


子どもは今を生きています。

 川あそびのはじまりは、心がドキドキと緊張します。『深いのかな?』『流れは速いのかな?』と想像してから入っていき、足から水の冷たさや水圧を体感します。


自然と静かな入水になるものです。


 少しもすれば体は慣れてきて、ドボンッ!と飛び込んで勢いづきます。バタバタと足で水しぶきを上げて、流れに乗って泳ぎます。


子どもは順応する力がすごいのです。



 順応すればレベルアップしたくなるもので、もう少し深く、流れがあるところにチャレンジです。

 ドキドキとワクワクが混ざり合う心の動きは、生きている実感を味わうことができます。


 午後は、高いところからの飛び込みです。すっかり勢いづいていて、次々に飛んでいきます。

 『次はこうして飛ぼうか』『こうやって流れてみようか』色んなことを考えて、何度も繰り返すあそびの中には、学びがあるのです。

 『夢中になって遊ぶ』これが本当に大切じかんで、行いのないところに知識はないのです。

 主体的なあそびの中には、大きな学びがあります。主体的とは、夢中になることかもしれません。

時をこえ、我を忘れ、満足するまで遊ぶのです。



 自然がっこうKoruは、そこにある自然と遊びます。何もないなんてことはないのです。何もないがあります。それは自由なのです。無限の可能性に満ちた遊びが自然の中にはあります。




41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示